東北三大祭りの青森ねぶた祭りは人生で一度は見ないといけない?!その特徴と楽しみ方は?

nebuta東北三大祭りの一つ、青森ねぶた祭り。圧巻の出で立ちの佞武多(ねぶた)が青森市内を笛や太鼓の囃子で町内を練り歩く姿は、日本の夏の風物詩の一つですよね。学生の頃、初めてまじかで見た”ねぶた”の存在感に感銘を受けました。そして太鼓・笛が気分を高揚させ日本人の遺伝子に刻まれた、お祭りに対する感情を思い出させてくれます。

スポンサードリンク

1.ねぶたとは?

ねぶたとは、佞武多とも書きます。1980年に重要無形民俗文化財に指定されました。

武士や歌舞伎狂言の場面を描き、中に灯をともして町内を練り歩き、8月2日から7日に

かけて行われる行事です。ねぶたの起源は、現在では”禊祓”という説が有力であるとされ

お盆などの仏教行事や他からも様々な影響を受けて、今日の姿になったと考えられています。

2.ねぶたとねぷたの違い

青森のねぶたと同じく有名なのが弘前のねぷたです。青森は”ねぶた”といいますが

弘前は”ねぷた”といいます。これにはどのような違いがあるのでしょうか。

結論からいいますと、いろいろ諸説はあるものの、意味の違いはなく、

地域による言い方の違いだと言われています。青森市周辺では、”ねぶた”といい

弘前市周辺の津軽地方は、”ねぷた”になります。

スポンサードリンク

3.ねぶた祭りに参加できるって?

迫力のある”ねぶた”を見学するのはもちろんですが、ハネトとして参加すると

良い思い出つくりにはいいですよね。「ラッセラー、ラッセラー」と声を掛け合い

ながら、ねぶたと一緒に歩き跳ねるハネトとはお祭りを盛り上げるのに必要不可欠。

衣装も約4000円でレンタルできるようです。せっかく青森までいったら、より

一層お祭りを楽しみたいですよね。その時は、お祭りに自ら参加するのが一番です。

ハネトとして参加を考えてはいかがでしょうか。学生の時に行った際には、参加

できるって知らなかったので残念です。

ハネトのルールはしっかり守ってくださいね。

4.青森にいったら食べてみたい

ねぶたを見に行ったら、ぜひ食べてみたいのは、煮干しラーメン。学生の頃に

ねぶたを見に行って、食べた味が忘れられません。家系ラーメンをこよなく愛する

私ですが、煮干しラーメンは今までに食べたことのない独特の味でした。

記憶が定かでないので申し訳ないのですが、当時の味の強烈な印象が

今でもまだ残っているんですよね。魚介系ラーメンってありますが

それとは少し違う、煮干しラーメン。なかなか味わうことができないので

青森にいったらまた食してみたいと思っているんですよ。

残念ながら、学生時代に食べたお店を検索してもヒットしないので、

クローズしたのかもしれません。

食べログによると、長尾中華そば西バイパス本店が、お薦めのようです。

http://tabelog.com/aomori/A0201/A020101/2000345/

5.ねぶたとねぷたの両方を見る

学生時代に、1日にねぶたとねぷたのダブルで見る計画を立てました。

ねぶたの最後をダッシュで見届け、急いでJR青森駅にへ向かい

弘前駅へ向かう電車に乗って、弘前駅に到着したらギリギリの時間。

ねぷたをみることができるのか、、、、、。と思っていたら、

一番最後の”ねぷた”だけをなんとかみることができました。

祭りが終わり、車庫に向かう途中だったと思います。

第一印象は、青森のねぶたと違って、弘前のねぷたは縦に大きく

縦長であった。(最後のものしか見ていないので、勝手な印象です)

これもその迫力と威圧感に圧倒され、身震いをしたいのを覚えている。

カッコいい!、こんなものを人間は創れるんだと感心した。

1台だけでなく、他も見ることができればもっと違う印象を受けたに違いない

と思うととても残念な気持ちになったのを覚えている。

そして、その日はホテルが取れなかったので、生まれて初めて公園で野宿。

しかも一人。怖かったぁ。。家があるってどれだけありがたいことかという

ことが身にしみて感じた。こんなこと学生でしかできないですよね。

あれからかなりの年月が経ちました、今年の”ねぶた”祭りの盛り上がりも

最高なんだろうと思う。是非、東北のお祭りへ出かけてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です