早期がんと進行性がんについて

手術

最近、「がん」の話題をよく聞きますよね。

そんな私も、2012年に腎臓がんの手術をして右腎を摘出しました。私の場合は、早期がんの部類に当てはまり、がんの部位が右腎のちょうどど真ん中のため、丸ごと切除するということになりました。

もう少しずれていれば、一部切除ですんだかもしれませんが、結果としては右腎全摘出で良かったのではないかと思っております。

スポンサードリンク

1.「がん」とは

悪性腫瘍(あくせいしゅよう、英: Malignant tumor)は、遺伝子変異によって自律的で制御されない増殖を行うようになった細胞集団(腫瘍)のなかで周囲の組織に浸潤し、または転移を起こす腫瘍である。悪性腫瘍のほとんどは無治療のままだと全身に転移して患者を死に至らしめるとされる。

ということなんですが、遺伝子変異が起こる理由は?なんで転移を起こすのか?

そもそも、何が原因で悪性腫瘍ができるのか?いろいろな諸説はあるものの、

実際にがん細胞が誕生する原因は、まだよくわかっていないようです。

がんと診断されたときに、主治医に何が原因でがんになるのですか?と聞いたら、

遺伝子変異なので、ストレスだとかその他様々な要因が考えられ特定するには

難しいとのことでした。

2.早期がんと進行性がんの違い

わたしの場合は、ステージⅠの腎臓がんと診断されました。

このステージというのは、がんの進行状態を示します。

ステージ0からI→II→III→IVとあり、IVが最も進行している状態を表します。

判断基準となるのは、

1.大きさ        
2.リンパへの転移の有無 
3.他の臓器への転移の有無

早期がんとは、ステージI期もしくはⅡ期に該当します。ステージⅡまでに治療が開始できれば

完治できる可能性が高いといわれています。

進行がんとは、ステージⅢ期以降をいいます。

3.早期にがんを発見するには

がんは、1つのがん細胞が2倍、4個、8倍、16倍と分裂を繰り返し増殖していきます。

早期がんが見つかるまでには、約10年ほどの歳月がかかるといわれています。

早期治療を行えば、治癒する可能性が高くなりますが、症状が出にくいものは、発見が遅れて

進行がんとして発見されることがあります。

早期にがんを発見するには、定期健康診断を受けることが非常に重要です。

私の場合も、定期健康診断のエコーで腎臓がんを発見することができました。

実際に早期がんが見つかった人は、定期的な検査を受けていたという人が多いようです。

毎年1回は必ず受けるようにしてください。

若いうちは、無理も聞きますので健康診断なんて受けなくて大丈夫だとか、

自営業の方は、健診なんて受けている時間がないなどと敬遠する傾向がありますが

これは本当に間違っています。1年に1回半日ぐらい健診を受ける時間を作ることが

できないような時間の使い方は見直さないといけません。

スポンサードリンク

4.がん発生を進化の過程から考えてみる

そもそも人は、精子と卵子が結合し細胞の分化を行い1つの細胞から数兆個の細胞となり

存在しています。細胞の分化という流れは別のものになっていくフォロー、

つまり進化の過程ですね。

一方、細胞の脱分化は同質へ向かう原始的なフロー、つまり退化の過程です。

がん細胞の特徴としてこの脱分化があることが分かっており、

がん細胞は退化の過程にあると言えます。

人類は、もともと地上のバクテリアからスタートして天空(太陽)に向かって

進化をしてきました。

分化を繰り返すことで進化し、今日の姿になりました。

でも、がん細胞のように退化する細胞も生まれるのです。

これは一体に何に起因しているのでしょうか?

5.進化/退化に関係する”価値観”

各個人には、価値観が存在します。その中で、最も高い価値をHVと最も低い価値をLVとします。

■最も高い価値=HV

HVの定義は、内面から湧き出る内因性

(努力が不要、自制できる、自発的)

つまり、やりたくてやりたくて仕方がないことなので自発的に動く。

■最も低い価値=LV

LVの定義は、外からの動機づけが必要な外因性

(努力が必要、フラストレーションなど、惰性的)

つまり、意味がなく、報酬がないとやらない、やらないと罰が与えられるようなこと、動機づけで動く。

人間をつかさどる脳は、目的を満たそうとする器官であり、

人生を満たそうとする(最大に引き出そうとする)ように働きます。

脳の中にグリア細胞という細胞があり脳を活性化させます。

この細胞はHVを意図することに反応し神経系がより強固になります。

希望があり役立っていると脳がどんどん可塑性をつかって拡大する進化の過程です。

植物も同様で、光合成をすることで太陽に向かってどんどん大きく進化していきます。

逆に光合成をしないところは退化していきます。進化の方向性に向かって進むということが

正しい方向性だということがお分かりいただけるかと思います。

現実は「価値観」というフィルターを通してみているものであり、

HVに基づくと幸福になりLVに基づくと病気になると言われています。

病気は、その人にとって大事なことをして生きていないことを知らせてくれているサインと

考えることができます。がんは人を死に至らしめる病気です。

これは、まさしくLVではなくHVに基づいて生きるようにしろという

最後通告と考えることができます。

他人の人生を生きようとする、誰かの価値観を注入しようとする生き方、

そして依存的中毒的行動に対し最後のシグナルを発信しているのです。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です