「あじさい 花言葉」これだけは知っておきたい!!

ajisai

6月に入りました。梅雨のシーズンの到来ですね。でも、この時期何といっても話題になるのが、、、、、「紫陽花(あじさい)」ですよね。今日は、この時期に雨にも負けず咲き誇る「あじさい」にまつわる、知っておきたい花言葉がテーマです。

スポンサードリンク

あじさいの花言葉

あじさいには、色々な花言葉があります。

「移り気」
「変節」
「高慢」
「辛抱強い愛情」
「あなたは美しいが冷淡だ」
「無情」
「浮気」
「あなたは冷たい」
「家族の結びつき」

となんと多いことか!!内容をみてみると、良い意味ばかりではないですね。

「移り気」「変節」「浮気」

あじさいは、咲き立ての色の淡い黄緑色から色が変化していくのですが、その特徴をうまく捉えたものですね。心や考え方が変わっていく様子をあじさいに重ね合わせた、昔の人の気持ちもなんとなくわかりますね。

「辛抱強い愛情」

雨に打たれても、鮮やかに咲き誇るあじさいの姿をとらえたものですね。本当にしとしとと雨に打たれると空模様と同様に気分もグレーになり、もう諦めたくなるものです。でも、あじさいのように、そのような中でもシャンとして咲き誇る姿は、我慢強いと思ってしまいますよね。

「あなたは美しいが冷淡だ」「高慢」「無情」「あなたは冷たい」

これは、花のイメージからつけられたと言われています。青色から連想するイメージは、ポジティブな面とネガティブな面がありますが、ネガティブな面は、不安、冷酷、悲しみ、寂しさがあげられます。あじさいの青色から、冷たく、近寄りがたくいイメージがつけられたのです。

スポンサードリンク

「家族の結びつき」

あじさいの花をよーく見ると、小さな花が集まって大きな花を形成しています。このことから「家族の結びつき」を連想させるので、以前は結婚式などでは敬遠されていましたが、結婚式でも使われるようになりました。さらに、あじさいの花は咲く期間が他の花と比較して長いので、末長い幸せをかけてた意味も含まれていると言われております。

まとめ

このように、あじさいだけでも、色々な花言葉があることがわかります。冷淡、浮気という意味しか知らないと、結婚式に「あじさい」だなんて。。。。と思ってしまいますよね。

でも、辛抱強い愛情、家族の結びつきという意味を知っていると結婚式にはピッタリ当てはまります。本当にこれは、物事は多様な見方がある良い一例ですね。

「あじさい」の花の色がダイナミックに移り変わるように、我々人間も日々現状にとどまることなんくダイナミックに流れるフローに身を任せると、固定された関係性ではなくダイナミックな関係性を構築できるということなのかもしれません。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です