ジューンブライドで本当に幸せになれるのか?

kekkon

6月になりました。毎年、この時期はムシムシして雨が降って、、、。どこにも行くにも億劫ですよね。わざわざ傘をさしてまで外に出るぐらいなら家でゆっくりしたいよ。。。。と思う人は多いと思います。私もそうです(笑)

そんな気分がすぐれない梅雨の時期になぜ、結婚式????

スポンサードリンク

ジューンブライドってそもそも何?

フリー写真, 人体, 手, カップル, 結婚式(ブライダル), 結婚指輪, 花婿(新郎), 花嫁(新婦), 愛(ラブ)

June bride(ジューンブライド)=6月結婚。ただ単に訳しただけなのですが、

それが何故幸せにつながるのでしょうか?

June Brideの意味は、諸説ありますが

1.ローマ神話の女神ジュノーの名前が由来と言われている。そのジュノーが結婚世活を

守る女神であったことから6月結婚は幸せになるという説

2.昔のヨーロッパは、3月4月5月は農作業が忙しく、結婚をしてはいけない期間。

6月は結婚解禁月。そのため、多くの人に祝福されて幸せになれるという説

3.ヨーロッパの6月の天気は、良い日が続く時期であり、良い天気の日に結婚すると

幸せになれるという説と言われており、6月結婚をすると祝福されて幸せになれる

と考えられていたのです。

スポンサードリンク

ヨーロッパの風習が何故日本に?

ジューンブライドというぐらいので、欧米からの入ってきた考え方であることは

察しがつきますが、宗教も違えば、言葉も違う、そして風習・習慣も違う日本で

何故、ジューンブライドというワードが定着したのでしょうか?

その結果として、今や、女性は6月に結婚したいと思っている人も多いと思いますし、

どのこの式場も予約でいっぱいですよね。

実は、日本のブライダル業界が6月のじめじめした気候の日本での結婚式が極端に

少なく何とかしたいということで、6月結婚(ジューンブライド)を広めたそうです。

欧米に弱い日本人のメンタリティーがここでも露呈されていますよね。

逆に、マーケティングの観点からするとうまく”教育”したものですよね。

成功した事例に一つなりますね。きっと。

まとめ

ジューンブライドは、いろいろ諸説があるが、6月に結婚をすると幸せになれると

ヨーロッパでは伝えられている。日本の6月は、じめじめした梅雨の時期と重なり

結婚式場は閑散としていて、それをなんとかしようとした”ブライダル業界”の戦略により

大半の人が、6月に結婚すれば幸せになれると信じ込み、今なおそれが継承されている。

結論をいうと、6月に結婚しても、しなくても、幸せになれるかどうかはわかりませんし

6月に結婚していても、していないくても、結局幸せになれるかどうかは、当人同士の問題

ですね。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です