血行を良くする

Closeup view of cholesterol plaque in blood vessel

人間の体は、60兆個にも及ぶ細胞から成り立っています。これらの細胞に“栄養分”や酸素を運んでいるのが血液です。この血液の流れを「血行」と言い、この流れが悪くなると老廃物の回収や“代謝力”が低下し、不要な毒素が体内に溜まりやすくなり様々なトラブルを引き起こすといわれています。

スポンサードリンク

血行不良により引き起こされるトラブル

例えば、代謝の低下により、基礎代謝が落ちて太りやすくなりますし、細胞は代謝を利用して生まれ変わりますが、細胞の生まれ変わりが阻害されてしまうことはお肌の手入れが気になる女性には大きな関心事の一つとなっています。

血行不良により引き起こされるトラブルは、1.冷え 2.肌の乾燥 3.肩の凝りなどがあげられます。

1.冷え

血液は全身にめぐっていますので、血液の温度=体温と言って過言ではありません。血行が滞ると体温も低下してしまい、冷えは万病の元と言われるように様々なトラブルを引き起こします。

例えば、免疫力や体内酵素の低下に伴い外部からの侵略に抵抗する力弱まります。風邪をひくなどは血行が悪くなり免疫力が低下しているサインとも受け取れます。

2.肌の乾燥

血行不良により、代謝が低下して細胞の生まれ変わりが阻害されます。老化角質が長期間肌の表面に滞在することで肌の保湿を維持する機能が低下し肌がカサカサになり、肌が乾燥しているような状態になるでしょう。肌の乾燥はシワやシミの原因になりますのでどんどん老化が進んでしまうという状態になります。

3.体の凝り

活動によって蓄積された老廃物の除去や酸素や栄養分の供給により体をメンテナンスすることが重要ですが血行不良により、これらの活動が低下し凝りが生じてしまいます。凝りがあるところは、血管の圧迫があり一層血行が悪くなるという悪循環も起こりやすいので注意が必要となります。

スポンサードリンク

血行を良くするための3つのポイント

1.食事

野菜、果物などを中心とした食事をこころがけ、血行を促進するビタミンEを積極的に摂取しましょう。場合によってはサプリメントなども取り入れると良いと思います。また、根菜類は、体を温め血行をよくするといわれています。油分の多い食事はNGです。

2.適切な運動

一駅前で降りて最寄りの駅までウォーキングなどを取り入れると毎日継続できていいと思います。また、ポンプの役割をしていると言われる、第二の心臓”ふくらはぎ”のマッサージや全身ストレッチもおすすめですよ。

3.シャワーだけでなく湯船につかる

40℃ぐらいで半身浴なら30分ほど、全身浴なら15分ほどつかります。これは体をあたためるだけでなく、リラックス効果も働き副交感神経を優位にし血管を拡張し代謝を高めてくれる効果があるんですね。

まとめ

血行不良を改善する必要性をお分かりいただけたかと思います。血液の流れぐらいと軽く考えているとあとあと、大きなしっぺ返しが来るので、今から少しずつできることを心がけることが重要ですね。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です