福士蒼汰 得意の英語が実はネイティブには通用しない下手くそ?!蒼汰は芸名だった本名の読み方は?

SOUTA

男前俳優の福士蒼汰。特技は英語。ゆくゆくはハリウッドへ

の進出も果たしてほしいと思っていましたが。どうやら現在の

英語力ではネイティブに通じない疑惑が?!

福士蒼汰って芸名だったの?じゃ~気になる本名は?

スポンサードリンク

得意の英語が実はネイティブには通用しない下手くそ?!

福士蒼汰といえば、ルックスはもちろんですが、英語が流暢に話すことでも

有名ですよね。しかし、その英語に疑惑が。。。彼の英語ではネイティブに通用

しないというのです。まず、福士蒼汰が話している英語を聞いてみてください。

福士蒼汰の英語

聞きました?!どのように感じられましたでしょうか?

1.すごーーーい。上手!!

2.何を言っているのかわからない。

どちらかに分かれると思います。さて、上手いの下手なの真相はどっち?

ロンドン・クアラルンプールでの海外駐在員経験があり、

現在も英語を使って外国人とコミュニケーションを行っている方に確認をしたところ、

1.パーツに分解すると、例えば発音、単語については、、、合格なのではないでしょうか。

海外留学の経験もないのにここまでできるのは、流石!!ということでした。

2.しかし、全体的にみると、テレビ番組だったので緊張していたのだと思いますが

単語と単語の間隔が短く、聞き取りにくい印象を持ったとのことです。

総括すると、緊張していない環境であれば、全く問題ないと言えます。

重要なのは、上手いとか、下手くそという観点ではなく、自分の意思がどれだけ伝わるかという点です。

その点、福士蒼汰の英語は、ゆっくり落ち着いて話をすると伝えることができると言えます。

ゆくゆくは、ハリウッドで活躍している姿を見たいものです。

でも、その前に、しっかり演技力は磨いてほしいですけどね。

【関連記事】福士蒼汰モンタージュ視聴率が最悪!演技下手が原因か??

スポンサードリンク

本名の読み方は?!

ご存知でしたか?福士蒼汰って芸名だったということを。

じゃ~本名はなんていうのか知りたいですよね。

本名は、「福士翔大」。福士(ふくし)は本名だったんですね。

じゃ「翔大」ってなんて呼ぶのでしょうか。

”しょうまさ”

”しょうだい”

”しょうとも”

”しょうた”

正解は、”しょうだい”と読みます。”ふくししょうだい”が本名ということになります。

”翔”の意味は、かける。羽を大きく広げて飛びまう。

という意味ですので、両親は、福士蒼汰に

「大きくかける。羽を大きく広げて飛びまうように活躍してほしい」

という思いで名づけられたことが想像されます。

英語を駆使して、世界へ飛び出してほしいですね !!

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です